ブログBLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ,労働市場情報
  4. (労働経済白書)雇用情勢につきまして

(労働経済白書)雇用情勢につきまして

世界経済は動いております。いい意味でも悪いみいでも!

【情勢の概況】 ○ 2017年度の完全失業率は2.7%と1993年度以来24年ぶりの低水準となったことに加えて、有効 求人倍率は1.54倍と1973年度以来44年ぶりの高水準となっており、雇用情勢は着実に改善して いる。 ○ 雇用者数(15~54歳)の推移をみると、正規の職員・従業員は3年連続で増加しており、2017 年では2,841万人(前年差36万人増)となった。

○ 他方、雇用人員判断D.I.により人手不足の状況をみると、人手不足感が高まっており、2018年 3月調査では、全産業・製造業・非製造業のいずれもバブル期に次ぐ人手不足感となっている。 

【賃金をめぐる動向】 〇 一般労働者の名目賃金は2013年度以降5年連続で増加しており、パートタイム労働者の時給も 2011年度以降7年連続で増加している。

〇 一般労働者の賃金(平均値)に着目すると、女性や高齢者の労働参加が進む中、これらの労働 者比率の上昇は全体の賃金水準(平均値)に対してマイナスに寄与しているものの、女性や高齢 者の賃金水準自体は増加している。 また、国民みんなの稼ぎである総雇用者所得は、女性や高齢者などの雇用者数の伸びがプラス に寄与しており、増加している。

 

 

 

他の記事も読む